健康

健康とは?

  身体のどの部分の調子が悪くても、全部無始(むし、どこまで遡っても、始めのないこと)より衆生を傷つけた結果です。因果応報は真実で嘘ではありません。ですから、因果を守らなければなりません。ゾクチェンの中心はなんですか。答えは因果を敬うことです。

(――慈成加参リンポチェが2011年6月21日 にネットで諭した『三十忠告論』より)

  体の調子が悪くなって、誰のせいにしますか。
  身体上に苦痛があるのはかつてほかの命を食べたからです。
  すべてのことは善なら善なりの応報があり、悪なら悪なりの応報があります。くれぐれもほかの人のせいにしないでください。他人を恨まないでください。すべては因縁(それなりの背景)があるのです。
鶏、魚を食べないでください。そんなに多くの肉を食べて、苦痛を受けなければなりません。衆生の替わりに苦を引き受けるとなれば、今日は死んでも有意義になります。
  ですから、懺悔の心を持たなければなりません。懺悔の心をもってお経を上げることです。自分の行為(行い)にくれぐれも気をつけてください。行いは汚ければ、体も清浄でなくなります。今日から懺悔のことを覚悟してください。懺悔の方法の一つは五加行(五つの予備修行法)を修行し、仏法の講義を聞くことです。自分の清浄でなかった行為からもたらされた結果は自分で引き受けなければなりません。上師を頼りに、無始より積み重ねた業障を清めます。ですから、上師に感恩(恩を感謝する)します。仏法を聞くことから得たパワーと自分が心を込めた力とが相まって、無始よりの業障がまるで昇ってきた太陽に照らされたように消えてしまいます。
  だれでも苦痛を経験しなければなりません。苦痛を経験したからこそ成功が訪れてきます。私の上師は度々励ましてくださいました。
  いま、苦痛に陥っているのは私利私欲をしすぎるからです。毎日どれほど多くの動物が殺されたのか。あるところでは、新生児、猿の頭を食べるそうです。その新生児は堕胎された新生児で、飯店に売りに送られました。輪廻の苦しみがどれだけ深いか、思っては笑えません。毎日、鶏、魚、牛、犬、、、、、、数千万億の命は人間に殺されます。屠殺場、漢族の所々で多くの命が毎日奪われます。殺された動物、魚とか、鶏とか、体は切られたのですが、目はまだ動いています。苦しむんだ!どれほど苦しんでいるのか!それもかつての業障から感じさせられた苦痛なんです。全中国で13億人の中に仏様を信じない人たちは毎日どれだけ多くの衆生を殺したのかわかりません。
  ですから、衆生のために座禅し、念仏するのです。修行者としては愛のみあり、恨みはありません。衆生はこんなに苦しんでいるのに、まだ彼らを恨んだりするのですか。私利私欲を滅却しなければなりません。
  過去、他人を殺したのですから、今日は他人はあなたを殺すのです。かつて私利私欲をしすぎたあまり、殺生したのです。自分の楽しみや快楽は他人の苦痛をもとに築かないでください。(われわれは)たくさんの命の肉を食べました。多くの命の血も飲みました。実は他人(ほか)の生命は我われと同じなんです。私利私欲があるから、貪る心があるのです。貪る心があるから業を作り出したのです。業があるから苦しみがあるのです。
  ですから、私利私欲と貪る心を滅却するために仏様に帰依するのです。

(慈成加参リンポチェが2011年6月20日に亜青寺で諭した法話の一部より)