なぜ修行?

なぜ修行するの?

上師(ラマ)ヨーガ法を実修することの目的

  われわれがラマヨーガを実修する目的の一つは自分が上師への信心を養ったり育てたりするためです。上師へますます芽生えてきた信心と敬意を通して、因縁が成熟する時、上師のご加持を得ることによって内心の悟りが生じてくるというのはラマヨーガを実修する究極の目的です。上師と全く変わらない清浄な本性を悟ったことで、法性の中で我われは上師と見分けができなくなります。これは形象上の上師を通じて、内在の自性(本性とか本体とかとも呼ばれています。そのものが本来備えている真の性質。真如法性 (しんにょほっしょう)。本性。)上師を認識する過程です。それはラマヨーガの究極の意味です。
  ラマヨーガを実修しなければ信心がますます深くなりつつあるのはありえないのです。信心が足りないままで心の本性を悟ることは不可能です。
 

仏像