ラマヨーガの重要性

ラマヨーガ法を実修するこ

  すべての煩悩と苦痛は、物事が実際に存在していると思っているあべこべな執着からきたのですから、空性の智慧を現実的(如実に)に悟ることでだけ実際の存在という執着を徹底的に治めることができます。
  空性の智慧を悟るには、一番速く、一番安全である方法がラマヨーガ法(上師相応法)です。ラマヨーガは予備段階の修法の一部だと言われていますが、実際ラマヨーガはすべての修行の核心です。他のすべての修法はこの修法に溶け込むことができます。チベット仏教にあるニンマ、サガ、ガジュ、ゲルなどの各宗派はみんなラマヨーガ修法を修行の重点としています。
  ラマヨーガはよく修行できたら、八万四千の修法もよくできたことになります。ラマヨーガ修法を離れたら、諸仏諸菩薩を離れることになります。
  大恩上師の阿秋ラマリンポチェはこうおっしゃいました。「われわれが生涯を通じて求めているのは自分の上師との内在の感応道交(心が相通じて融合すること)であるべきです。」
 

阿秋法王