世界平和

世界平和はどうやって実現できるか?

·世界平和といのは、瞋恚の心(怒り、恨みのこと)を持たないということです。世界と生命は一体なものです。地球上に存在するものは生命の一部になります。(2011年7月12日 亜青寺での開示)
·すべての人々は恩に感じる心を持ってはじめて、世界平和が現れてきます。どんな事に対しても恩に感じ、すべてのことに恩に感じます。あらゆるものも我われの父母です。たとえば水がなければわれわれは生活できません。私たちは恩に感じることと感謝することを学びなければなりません。永遠に衆生のプロレタリア(労働者)になるようにと私は祈願いたします。
  一番有意義なのはこの法座(説法する者の座る座)に座るのではなく、生活の中で有意義なことをすることです。

(2011年12月11日杭州での第二回目『光明の旅』禅修ゼミより一部抄訳)
 

第二回目『光明の旅』の禅修ゼミにて 

2006年に慈成加参上師はハルピンで平和の鳩を放す。