素食の功徳

素食の功徳と意義

  1927年に欧米素食委員会はイギリスのロンドンで第一回万国精進料理大会を開催しました。参加した名流学者はこれから精進料理を食べることにした人が数千人もいました。その後、チェコ共和国のシンロワ市で第七回の国際素食大会が開かれました。出席した国には、中国、ドイツ、フランス、アメリカ、オーストラリアなどの国が13カ国ありました。この大会において、イギリスのワルツドクターがこのように発表しました。「人類は血を流したり、命を犠牲にしたり、傷を負ったりするようなことを避けるには、食卓からスタートしなければなりません。」と。
  この話は意味深く、素食を提唱していました。そうすれば殺生による災難が知らないうちに消えてしまいます。心を込めて社会の運命を挽回しようと考えている政治家には深く体験するに値します。
 

観自在菩薩